勉強不足ではあったけれど

中古戸建

我が家が築15年の中古一戸建て住宅を購入して1年が過ぎました。

マイホームを検討し始めたばかりの頃に、目を惹く物件が見つかり、トントン拍子に決めた家でした。

そのため、住宅購入に関してはほとんど勉強することなく購入に至ってしまいました。購入を決めた直後や住み始めた当初は、住宅購入に関して勉強不足であったことを非常に後悔しました。

なぜならば、この15年で住宅は大いに進化していると思ったからです。高気密・高断熱の住宅が主流となり、全館空調システムなども取り入れられ、夏は涼しく、冬は暖かい、そんな省エネ住宅へと変わっていました。

リビングに床暖房は当たり前。太陽光発電も設置する家が増えています。ビルトインの食洗機だって、今のシステムキッチンには標準装備に近いものになっています。

エコキュートにエネファーム、24時間換気システム、と住宅に関する用語を並べあげたらキリがありません。

そんな言葉や設備について私が知ったのは住宅購入を決めてからでした。正直、焦りました。

中古住宅と言っても安い買い物ではありません。そんなに今の進化した住宅よりも劣っていて快適に過ごせるのだろうか。

不安にものすごく掻き立てられ、ネットで検索ばかりしていました。

しかしながら、1年住んでみて「案外、住めるものだな」というのが正直な答えです。

不便なことはいくらでもあります。窓も複層ガラスではないし、サッシもアルミサッシです。そのため、結露にも悩まされます。

でも、シャッターを閉めれば案外、軽減されます。賃貸アパート時代に比べれば、結露の悩みも少ないほうでしょう。

冬は寒い。確かに高気密・高断熱の家に比べればそうかもしれません。それでも、アパート時代と光熱費はたいして変わりません。

エアコンが最新式で省エネタイプのおかげかもしれませんが、家が広くなっても思ったよりも光熱費がかかっていないのは築15年とはいえ、アパートよりは性能がいいのでしょう。

勉強不足で後悔も多いマイホーム購入でしたが、住めば都で案外、快適に感じられるようになってきました。