家は何のために買うのか

私達家族は1年前に築15年の中古一戸建て住宅を購入しました。

正直言えば、新築住宅が希望でした。さらに言えば、土地を購入して注文住宅を建てるのが希望でした。でも最終的には中古住宅の購入に至りました。その理由はやはり予算です。

当初、ハウジングセンターでハウスメーカーさんと話をしている時は「なんとか注文住宅の購入でいけるのではないか」と思っていました。

でも、冷静になって考えてみると月々の支払いは家賃と同じ金額。これなら生活は変わらないから大丈夫、と思うかもしれませんが、ボーナス払いを付けています。

そして、賃貸アパート時代には支払いがなかった固定資産税の支払いが発生します。

そして、修繕費も自分達で賄わなければいけません。何より、今は子どもが1歳でお金がかかっていませんが、これから教育費もかかってきます。

そして、子どもがもう一人欲しい、なんて考えていたら、今の家賃と同じ支払いのローンにボーナス払いでは、我が家の経済状況ではすぐに破綻となりかねません。

私も妊娠と同時に仕事を退職しているため、2人で働いてローンを返していくということはできません。

そう気づいた時に「何のために家を買うのだろう」と自問自答しました。確かに新築でピカピカ。

注文住宅に自分の理想と夢を詰め込むことは憧れです。でも、人生は家だけではありません。家を買ったがためにがむしゃらに働かなくてはならない。

そうすると家族との時間はなくなる。せっかくの理想の家なのに、家族で過ごす時間はほとんどない。それでいいのだろうか。

背伸びをして購入して、後で手放すことになってしまっては元も子もないのではないだろうか。

だから私達家族は自分達の経済状況にふさわしい、予算内で手に入る中古住宅に決めました。

家は中古でしたが、家族の時間を失わずに済みました。私はもうしばらく子どもと一緒に過ごすことができそうです。

マイホーム子どもが手が離れるのを機にパートで働きに出て、家計を助けるつもりですが、それまでは家族との時間を家で楽しみたいと思っています。