私の理想のマイホーム

理想のマイホーム

マイホーム。それは一生に一度の高額な買い物。
昔から住宅メーカーのチラシを見て妄想するのが好きでした。

実際にマイホームを建てる事が決まった時、全く分からないことだらけで夢ばかり膨らんでいました。
雑記帳に何度も間取り図を書いては消し、書いては消し、雑誌も読んでたくさん勉強しました。

私自信の性格がずぼらなので、いかに家事をスムーズにこなせるか?がテーマでした。
土地自体は110坪。私の設計した家は53坪。

周りからは大きいなとよく言われました。

絶対に欲しかったのが家事室。その時はフルタイムで仕事していたので、夜洗濯してここに洗濯物を干せるようにしたかったのです。
そして、その隣に家族全員の着替えの部屋を作ってそこに片づける。そういうプランです。

実際にそうしましたが、とても便利です。
各自の部屋に衣装を収納するとなると片づけの時に大変ですし、衣替えも簡単なのでこれはおすすめです。
ただ部屋の広さが4.5畳ずつですので、雨の日の大量の洗濯物がある時は、少し狭いなと感じます。

外には洗濯物干しの為に屋根つきの物干しスペースを設けました。
広さ的には6畳程度でしょうか。
竿は4本かけていますが家族4人ですぐにいっぱいになります。

あと我が家のおすすめは、浴室の前に脱衣室を設け、その隣に洗面室を作ったので、
入浴中に誰が洗面室を使用したとしても鉢合わせすることがありません。

お風呂に入ったのはいいけどお客様が来てしまった、などそういう時も全く心配しなくていいので作って良かったと思います。
脱衣室の上が階段になっているので、階段下を収納にして、家族全員のタオルや下着などを収納するタンスを置いています。
子供たちは裸のままリビングに走ってきますが(笑)

タンスの奥にもう少しスペースがあるので、そこにはシャンプーなどの買い置き品などを置くスペースにしています。

全体的に木目が沢山見える家が好きなので、そんな家にしました。
木のにおいがとても気持ちの良いお気に入りのマイホームです。

理想的なマイホームに住むことができて、幸せです。