看護師の資格をとってよかった

介護職

私は、小さい頃に小児喘息のため入退院を繰り返していました。

看護師の資格をとってよかった 私は、小さい頃に小児喘息のため入退院を繰り返していました。発作が起きれば幼稚園をお休みしたり、楽しみにしていたお泊り会なども出席できず、両親は古いアパートからの引っ越しを余儀なくされたり心配をかけたと思います。

入院中は、一番両親やお友達と過ごしたい時期なのに、離れて過ごさなければいけない環境に、とても寂しさを感じた記憶があります。一方で、入院中に自分のケアを行ってくれた看護師さん達がとても優しく、安心感を与え、かっこいい姿に憧れを覚えました。

自分の母や親しかったおば達が看護師であった影響もあり、気が付けば、幼いながらに自分も将来看護師になりたいなという漠然とした気持ちを抱きながら成長していました。

小学校でスポーツを始めたことにより病気もほとんど完治し、小学校や中学校はそれなりの成績で卒業し、地元の進学校(高校)に進学しました。高校に入ってからは、思春期のためか反抗期を迎え、自分が将来どうなりたいのかわからなくなった時期もありました。

しかし、小さい頃の看護師になりたいという思いは、やはり自分の中のどこかにあって看護学校をとりあえず受験しました。しかし、現実は甘くはありませんでした。とても狭い倍率の学校ばかりで、面接はかなり人間性の問われるものでした。

案の定、中途半端な気持で受験した私は不合格。ものすごく落ち込み焦りましたが、やはり看護師の夢をあきらめきれず、もう一度受験。勉強だけではなく、世間知らずだった私はやったことのない家事を自主的に行ったり、世の中の出来事に目を向けるようになりました。幸いにも、二度目の受験で合格。

看護学校生活は勉強量の多さや、実習でのプレッシャーや緊張感に押しつぶされそうになりながらも、同級生は皆、同じ目標に向かう同士という感じだったので、人間関係が良く心強い気持ちで過ごすことができました。看護学校は看護師育成学校=人間育成学校であると感じます。

ただ勉強するだけでは看護師にはなれない、やはり人間性の問われる職業だと日々感じさせられました。就職後は思った以上に苦労しました。知識・技術・コミュニケーション能力・積極性・責任感・誠実さなど色々な事を求められ、自分が今まで何をしてきたのかと自己嫌悪にかられる日々。

看護ケア以外の事務作業を一つするでも、必ず人の命・患者の利益・不利益が関わってきます。こんなに大変なら、看護師になんてならなきゃよかったと思うこともありました。しかし、そんな私でも強く願ってきた夢、せっかく苦労してとった資格と思うと努力するしかありませんでした。

少しづつ経験を重ね、今ではようやく6年目の看護師になります。今でもわからないこと・苦労する事・辛いことはたくさんありますが、一つ感じるのは、看護師になって人間的に大きく成長できたと実感できること。看護師とは、他人の生活・人生に少しだけ介入させていただける、人の気持ち・その人のこれからや過去までも考るきっかけが必然的に求められる職業です。

他の職業ではなかなか経験できないことかと感じています。そんなことを考えながら夢中で仕事をしていると、ああ、看護師っていいなと思うことがあります。

何より、看護師という職業は人が生まれる時から死ぬまで必ず必要とされる存在、自分が諦めない限りずっと看護師として働ける職業です。

そして、看護師であるということは一生終わりのない人間性の成長が見込める資格だと私は感じます。