イチゴ鼻を洗顔で対策

 

突然ですが、みなさんは、イチゴ鼻って知っていますか?

鼻の毛穴が詰まって、黒ずみができ、まるでイチゴそのもののような鼻のことです。

なぜそのようなことになるのか?
実は、もともと、鼻やおでこのいわゆるTゾーンに当たる部分は、他の部分よりも皮脂腺が多くて、しっかりケアしなければ角栓が毛穴に詰まってしまいやすいところなのです。

また、加齢などが原因により、肌の弾力などが低下していくことが原因で、毛穴が開いてしまい、黒ずみができてイチゴ鼻ができやすいなんてこともあります。

そのほかには、毎日のお化粧を、しっかり洗い落とすことができずに、鼻の毛穴に汚れが蓄積してしまっていたり、自分にあっていない間違ったスキンケアをしていることなども上がられます。

ここでは、そんなイチゴ鼻を『洗顔』を使うことによって対策しようということを書いていきます。

イチゴ鼻には洗顔が大事!

上記では、長々とイチゴ鼻ができる原因について書かせていただきました。

毛穴のケアって、意外と難しそうですよね。
しかし、毎日している中に『洗顔』を組み込むことで毛穴の汚れをしっかりと綺麗にして、イチゴ鼻になることを、また、イチゴ鼻を改善していくことができます。

洗顔をすることで気をつけなければならないことがあります。
それは、強く洗い過ぎないということです。

汚くて、早く治したい焦りの気持ちから、ゴシゴシと力んで洗ってしまう気持ちはわかりますが、ゴシゴシと洗ってしまうと、早く治すどころか、悪化させてしまいかねません。

しっかりとした方法で、自分にあった優しい洗顔を心がけましょう。

次に、自分にあった洗顔材料を考えて見ましょう。
洗顔には、数多くの種類があります。

クリームタイプ
リキッドタイプ
パウダータイプ
泡タイプ
スクラブタイプ

など、様々な種類がある中から、私がオススメするのは、泡立ちがしっかりしていて、毛穴の汚れをごっそり持っていってくれるような洗顔料をオススメします。

クリームタイプや、泡タイプが望ましいでしょう。
お風呂後の爽快感を求めて、スクラブタイプを使用している方もいると思いますが、イチゴ鼻には刺激がつよいものはNGなので控えましょう。

洗顔時、しっかりと泡を使って、優しく洗ってみましょう。
このような小さいことを心がけるだけでもイチゴ鼻の改善には効果ありです。

また、風呂上がりには、しっかりと保湿をしてあげるとさらに効果は絶大になります。